テーマ:自然の再生

初夏の花 ⑦セッコク (ラン科)

 絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)になっていました。 写真は、我が庭のものですが、母体の山桜も、絡みつくテイカカズラも、自然に生えたものです。 自然界は不思議なもので、庭となる空間も、いろいろな生物を時間をかけて招きいれようとすれば、その広がりと気候風土に合った自然が形づくられて行くように思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校のビオトープ

5月13日    4月24日のT小学校4年生の「ため池」授業(下段の記事)に続き、 今回はIH小学校4年生の「ビオトープ」の授業に行って来ました。 IH小学校は、山を切り開いて造られた新しい町に平成2年4月に開校した学校で、開校当時はT市内でも有数のマンモス校でしたが、新興大規模住宅団地の宿命で、現在は全校児童数が102名にま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ベッコウトンボ

5月3日(日) くもり時々晴れ      ベッコウトンボ成熟♂です。若いうちは♀と同じような色合いです。       こちらがベッコウトンボの若い♀です。  ベッコウトンボの成熟した♀です。♀は成熟とともに、くすんだ色合いになっていきます。   なお、ベッコウトンボと、今回確認したトンボの写真については、「トンボ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「楽チン・やまね流小さな水場づくり」…庭にトンボを!

5月2日 晴れ  向島でお会いしたM先生宅の「トンボ池」に刺激を受け、トンボのための水場を増やしました。 池は、秋から冬にかけて造れたら…と思います。  なお、そのときの様子は、下記をご参照ください。    http://yamanenone.at.webry.info/theme/ae8fa5c3dc.html  睡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萌えるカエル谷

4月28日の「カエル谷」です。ここは、なつかしい生きものたちの生息空間です。  ヤナギの若葉と若草が萌え、生きものたちが活発に動き始めるこの時期が好きです。 メダカも、稚魚が泳ぎ始めています。 野鳥たちも子育ての最中です。    昔は田んぼでしたが、高齢化で止めてられたのを、周囲の山ごとお借りして 水辺として維持管理してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボ

4月28日 カエル谷にて  タベサナエ成熟♂です。 草刈りをしていて見つけました。  コサナエ未成熟♂です。 タベサナエと大きさ、姿、形が似ていますが、コサナエには前肩条があります。 ただ、すぐにコサナエと判断するのは困難です。 オグマサナエと言う、そっくりさんがいるので、止まっているのを見たぐらいでは判りません。 捕ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ため池」で学ぶ4年生

 4月25日(金)  新しい4年生が、今年も「新池研究」をスタートさせました。 昔の新池のことや、公園になったいきさつ、どんな公園を目指しているかなどを聞いた後、質問タイムです。   「新池の水はどこから来るの?」 「判る人は?」 子どもたちの答え   「田んぼ」→「新池の上の段には田んぼがあるから来るかも知れないね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチとタンポポ

 4月21日 上のつづきです。  タンポポが咲いています。 小さな虫が動いています。ハナバチの仲間のようです。後足には花粉団子が出来ています。 ここは、玄関へのアプローチ兼駐車スペースです。 駐車スペースもコンクリートで固めなければ、季節ごとにいろんな草花が出て、生きものも、人間も楽しめます。 門扉もありませんから、近所の子ども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭?

 4月20日 うす曇り     例年、3月末には消えるウグイスが、今年は4月に入っても、庭や、家の前の公園で鳴いています。 もしかしたら、初の○○かもしれません。  すでにヒヨドリは、子育てモードに入ったらしく、一週間ほど前までは、椿の蜜や新芽を食べていたのが、クモ等の虫を捕まえては、庭の片隅に出たり入ったりしています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネ

 3月8日。 うれしい発見がありました。 カエル谷で、久々にキツネの痕跡を見つけたのです。  哺乳類では、カモシカ、イノシシ、サル、タヌキ、アナグマ、テン、イタチ、リス、ムササビ、カヤネズミなどのネズミの仲間が確認されていたのですが、キツネは久しく見かけませんでした。  カエル谷周辺で、最後にキツネの姿を見かけたのは、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小屋作り

 11月13日  冬に備え、なつかしい生きものの生息空間 「カエル谷」の古いテント小屋を立て替えることにしました。 場所は、従来のところよりも15mほど東の、連日イノシシが整地してくれていた所を使いました。 彼らは土の中のミミズを探しているのか、一年中、出て来ては、田畑や草地を、鼻と前足で掘りまくります。 最も困るのは、畦を壊す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマキリ

 今日は、カエル谷の整備の日でした。 耕作を止めて10年近く経つ田んぼ跡ですが、水をため、田んぼのようにしておくだけで、たくさんの生きものたちが暮らしていくことが出来ます。     草刈り機のカバーにカマキリが登って行くので観ていると、鎌となる前足を手入れしていました。 彼らにとっては大切な武器であり足ですから、しっかり手入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はざ掛け

 今日は久々の晴天です。 Sさんたちと連絡し合い、金蔵連にあるYさんの田んぼの稲刈りに行きました。 ただ、連日の雨で田んぼに水が溜まっていたため、稲刈りはほどほどにして、はざ掛けをしました。    赤トンボが気持ち良く飛び回っていたり、作ったばかりのはざにとまったりしていました。 やはり、日本の田んぼには、赤トンボが似合います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プールも立派なビオトープ(野生生物生息空間)

 ちょっと古いお話しですみません。 夏休みのことです。 IH小学校の職員研修は、新しい先生も来られたのでと、校長先生も交えて、半日、ビオトープの勉強をしました。 その中で、「プールには意外とたくさんの生きものがいて、立派なビオトープです。」とお話しすると、みなさん大変興味を持たれ、数日後、トンボの産卵床を作ることになりました。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ネキトンボ

 8月29日の豪雨は、カエル谷にも大きな傷跡を残しました。 友人たちと、湿地に入り込んだ土砂を浚渫し、堰を直し、新たに水路を開いたりと、汗だくでしたが、トンボが疲れを忘れさせてくれました。  写真は、アカネ属のネキトンボです。お腹の裏側と、翅の付け根の色合いが、とてもきれいです。                         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more