テーマ:自然を考える

佐渡の旅

「佐渡おけさ」や「砂山」に歌われた佐渡は、一度は行ってみたいと願っていましたが、「第6回ため池シンポジウム」が佐渡で開かれることとなり、その参加のために、11月4日から6日の僅かな時間でしたが、初めて佐渡を訪ねることが出来ました。 ■直江津から小木へ 佐渡へ向かう船のルートは、①新潟から両津 ②寺泊から赤泊 ③直江津から小木の3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平野に生きていた赤とんぼ

■10月26日 夜  ビッグニュースが友人のSさんから飛び込んで来ました。 刈谷市野田町に住むSさんの家から南西に600m、新幹線の三河安城駅からは西へ3Kmほどの、田んぼと国道の間の土手で100頭ほどのアキアカネがいたとの連絡です。 私たちの住む愛知県の平野部から群れ飛ぶアキアカネがその姿を消して10年ほどになりますから、それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤とんぼが消えていく中で

■コスモス  子供の頃、コスモスの花が好きでした。 それは、花びらが一重ですっきりしているのと、風にそよぐ様子がやさしく感じられたこと、そして秋祭りの頃に咲くからでした。 しかし、近頃は田んぼ一面にコスモスを咲かせることが流行のせいか、複雑な想いで通り過ぎます。 赤とんぼたちにとっては、農薬や圃場整備だけでなく、田んぼを田ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶滅に向かうのかアキアカネ

 9月18日付で「赤とんぼ(アキアカネ)が消えそうです! 」をアップさせていただきましたが、 その後のアキアカネの生息確認結果をお伝えします。 平地の田んぼ ■9月26日  「竹村の田んぼ」 (愛知県、標高30~40mほど) 結果  アキアカネはゼロでした。  確認出来たのはギンヤンマ11、シオカラトンボ6…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アキアカネとウスバキトンボの簡単な見分け方

 私の住む愛知県では、中山間地の田んぼでも、アカネ属の赤とんぼの代表格:アキアカネが減っていることを、先の記事でお知らせしましたが、全国レベルで見た場合も減少しているとの情報が入っています。  みなさんのお住まいの近くのアキアカネ情報を、ぜひ、発信願います。 そして、アキアカネなどのなつかしい生きものたちが消えない暮らしを一緒に築き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

赤とんぼ(アキアカネ)が消えそうです!

 唱歌 「赤とんぼ」(三木露風作詞・山田耕筰作曲)に歌われたアキアカネ(トンボ科アカネ属)は、日本のコメ作りの歴史と共に生きて来たトンボですが、平地の場合、農業の近代化の中で、その姿を見るのは困難になっていましたが、ここへ来て中山間地の田んぼでもアキアカネの減少が起きていることに危機感を持ちました。  「そんなことないよ、うちの近くで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山法師(やまぼうし)

6月10日  家を建てたとき、ぜひ、庭にほしいと探し求めた木のひとつがヤマボウシ(山法師)でした。 当時は、植木所と言われる愛知県の西尾や稲沢でも扱っている業者さんがなく、結局、半年ほどかけて小さな苗を取り寄せていただきました。  ヤマボウシはミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の日本古来の木で、谷間などに自生します。 4枚の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュレーゲルアオガエル

5月11日 曇り時々雨  天気予報は雨でしたが、みなさん、それでもカエル谷へ入るとのことで、カエル谷へ行きました。 水まわりの点検と補修をした後、ヒシの間引きや、道を塞いでいた倒木の片付けなどをしました。 2時間ほど作業をして小屋でコーヒータイム。 このひと時は捨てがたいみなさんです。  今日もカエル谷は、シュレーゲルアオガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のトンボ

■今年のトンボ  私が今年確認したトンボを、確認順にあげると次の通りです。  4月11日 シオヤトンボ  4月11日 アサヒナカワトンボ(旧ニシカワトンボ)  4月11日 クロイトトンボ  4月11日 オツネントンボ  4月11日 ホソミオツネントンボ  4月11日 タベサナエ  4月13日 ホソミイトトンボ  4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田んぼ

5月2日 快晴  2月に宗次さんが亡くなり、諦めかけてた今年の米作りですが、百々子さんのたっての希望で急遽作ることになり、3月29日と4月19日に引き続き、分校のみなさんと、田んぼの手伝いに金蔵連へ行って来ました。  G.W中に田植えが出来たらよかったのですが、4月の天候不順で苗の生育が遅れているため、田植えは今月の20日~25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニュアル世代

5月1日 晴れ  今日は、知多郡東浦町が整備中の、(仮称)東浦自然環境学習の森で、作業道具を入れる物置の組立てがあり、ゴールデンウィーク中にも関わらず、シルバーの方々を中心に12名(男性)+2名(女性)のボランティアの方々が駆けつけました。  みなさんの共通項は、『昔のような里山を再生し、後世に伝えたい』との想いです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッコウトンボ調査 (鶴ヶ池)

4月29日 雨のち晴れ  午前に桶ヶ谷沼の調査を終えた私たちは、気になっていた鶴ヶ池の調査に行きました。 何が気になっていたかと言うと、2008年までは、ベッコウイトトンボが、それはたくさんいた鶴ヶ池が、昨年、激減したため、今年がどうなったか確認したかったのです。 ■結論  鶴ヶ池のベッコウトンボは、かろうじて11頭確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッコウトンボ調査 (桶ヶ谷沼)

4月29日 雨のち晴れ  『カエルの分校』の恒例になった桶ヶ谷沼でのベッコウトンボの調査会に参加して来ました。 ベッコウトンボ(学名:Libellula angelina )は、環境省の絶滅危惧I類(CR+EN)に指定されているトンボ科のトンボです。  私たち『カエルの分校』は、珍しいものだけに注目して、それを残そうとしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度目の尾道  三日目 ②-2)鳴滝山から鉢ヶ峰

4月9日 くもりのち雨  鳴滝城山の南稜を登っているとき、一度パラパラと来ましたが通り雨だったようで、すぐに止みました。  ↑ 峠にあった道標です。 先回は車道を行きましたが、今回は歩道を歩きました。  ↑ 熊野神社ですが、イノシシ避けの柵がしてあり、境内に入ることは出来ませんでした。  やまねの所もそうですが、この辺り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校のビオトープ

4月23日 曇り  今日は、五ヶ丘東小学校で、新しい4年生の総合学習「五東ビオトープ」がありました。 五ヶ丘東小学校は、今年が創立21年目になる歴史の浅い学校です。 開校当時は、市内でも一二のマンモス校でしたが、新興住宅団地の常で、現在は全校児童数が102名で、後、20年くらいは現状で推移しそうです。  30分早めに行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度目の尾道  三日目 ②-1)鳴滝城山

4月9日 くもりのち雨  今日の目的は、次の二つです。    ①鳴滝集落にあった気になる樹の確認。     (あの樹であれば、花が咲いている頃です。)    ②先回、都合で行けなかった鉢ヶ峰(429.7m)まで縦走する。  天気予報は、午後から所により雨、夕方には尾道付近も雨になると告げています。 雨対応はしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度目の尾道  三日目 ①朝の散歩

4月9日 くもり  3日目の朝です。 一度5時前に目覚めてしまい、再度寝たら朝寝坊をしてしまいました。 大影山からの縦走は時間的に無理なので、西の尾根筋だけを歩くことにして、地形図とコンパスを持って、6:20頃、B&B潮風さんを出ました。     (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)  ↑ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山再生

4月15日  半月ぶりに、東浦の里山再生の現場へ行き、整備作業をして来ました。         ↑ 4月15日の里山風景。         ↑ 3月31日の里山風景。  東浦は知多半島の付け根にあり、海水(潮風)の影響を受けるだけに、内陸部の松平の山間にあるカエル谷などと比べ、一週間ほど、新緑の進み具合が早いようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちいさな休憩所

4月3日 晴れ  久々の好天でした。 午後、友人のTSさんとAIさんとで、庭を眺めながら、男だけのお茶にしました。  女性は初対面の人でも、すぐ打ち溶け合って話が出来るといいますが、男性でも、趣味が同じ人同士であれば、結構、楽しく話は続きます。  お二人とも、山、トンボ、蛙が好きとの共通項があります。  庭先では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来に残したい

3月31日  昨日は、松平のカエル谷で、今日は東浦の緒川で水辺の再生作業をしました。 いずれも、かつては田んぼだった所に、畦を造り、小川の水を引いて、田んぼのように水を溜め、ときどき草刈りなどをしています。  こうすることで、なつかしい生きものが絶えずにすみます。 なつかしい生きものたちは、ほとんどの場合、人間生活の犠牲とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芽吹き 

3月26日  義母の一周忌を明日に控え、たまには庭の掃除をとi庭へ出たものの、草も伸びてないので、掃除はほどほどに、庭の自然観察をしましたので、その一部をご紹介します。  キジバトや、ヒヨドリ、ウグイスなども、警戒することなくのんびり寛いでいました。 ■そろそろ見納め      (写真の上でクリックすると大きな写真になり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シシパラとお玉とシュレーゲルと囲炉裏

3月23日  三寒四温と言われますが、春先の気候は寒暖を繰り返します。 今日は、カエル谷で、イノシシのための湿地(シシパラダイス…通称:シシパラ)を造りました。   「何でそんなことするぎゃじゃ~?」  イノシシが、トンボやカエルの生息地の畦などを壊してしまうので、フィールド全体に網を張り巡らせたのですが、それでは彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マンサク

 2月13日。 昼から用事で旧小原村へ行きました。 途中、マンサクの花が咲いていました。 藤岡から小原、東濃にかけては、昔はマンサクがたくさんあったのですが、20年ほど前に、ウイルスにやられ、ほぼ消えてしまいました。 自然界にも、突然、ウイルス性の病気が発生することがあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生の総合学習

 2月12日((金) カエルの調査を一緒にした縁で、石野中学校1年生の「アルペン学習」発表会に行って来ました。    「アルペン学習」のアルペンとは、     生徒の冒険心を育てようと、34年前に整備された     岩場などもある学校近くの山のことです。    ■発表会の前の時間に  1時間ほど早めに行き、昨年、カエル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然の中で (4年生 総合学習)

 2月5日 風が吹く肌寒い日でしたが、総合学習の時間を使って、 4年生と、山へ入りました。  ↑ 五ヶ丘東小学校の南隣には、 五ヶ丘の町が出来るとき残された標高は100mほどの山「見晴らしの丘」があります。 (注)  ↑ 「見晴らしの丘」へは、学校のフェンスの扉を出た所から登ります。  ↑ 校庭の隅には、10年前に創られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COP10  (つづき)

 名古屋での「ビオカフェ」につづき、 翌、1月22日は愛知学泉大学で 「西三河から発信する自然保護行政・動物行政」と言うシンポジウムがありました。 主催は同大学コミュニティ政策研究所で、同研究所が地域社会へ発信する第18回目のシンポジウムとして企画され、今回は、COP10パートナーシップ事業として実施されました。  自然や動物に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COP10

■COP10をお迎えする名古屋  この秋、名古屋で「COP10」(生物多様性条約第10回締約国会議)が開かれるとのことで、ホスト役を務める名古屋市を中心に、愛知県内では、生物多様性に関する、いろいろな催しものなどが続いています。  COP10を招致したエライサン(上の人たちを指す名古屋あたりの言葉です。この場合は、自治体の首長や幹部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い方々の研究発表

 11月29日  大阪自然史博物館で、水生昆虫の研究会がありました。 発表者は『若手水昆の会』メンバーの大学生や社会人、学芸員などの方々です。 どの人もフィールドワークを中心に、真摯に取組んでいて、好感が持てました。 中味的にも、示唆に富んだものや、視点が良く、今後に期待が持てるものでした。 昆虫少年が世の中からほとんど姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボつながり インタビューと絵本と。

12月17日 15時  ひと月ぶりに五ヶ丘東小学校へ行きました。 用件は二つで、   ①トンボや『カエルの分校』について、5年生のインタビーを受ける。   ②市の手作り絵本コンクールで「最優秀賞」になった6年生の絵本を見る。 どちらも男子児童かと思って行くと、女子児童でした。   ■インタビュー (5年 牧野有沙さんか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の恵那山

 10月24日(土) 山の仲間たちと、久々に恵那山(2191m)へ行って来ました。 恵那山は、岐阜と長野の県境の山ですが、私たち愛知県三河の人間にとっては、家や学校から眺めることの出来る、なじみの山です。 ちなみに私の家からは直線で62Kmの距離にあります。  7:50、広河原登山口手前1.5Kmほどの駐車スペースに着きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more