テーマ:自然に生きる

木を切ることの大切さ

 10月22日 午後  13:30からは、竹村小学校の6年生の総合学習で、竹村新池公園内にある「子どもの森」の除伐(じょばつ)です。  はじめは、今日の作業の「除伐」について紙芝居を使ってお話し。    ↑ 画面上でクリックしていただければ、小さな文字も読み取れます。  最近の日本は、山の手入れをしたことがない人がほとんどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風被害の田んぼのその後  

 台風18号でハザが倒れ、稲が水に浸かってしまった金蔵連の田んぼですが、 10月20日、みなさんのがんばりで、無事精米まで漕ぎつけることが出来ました。  10月14日 快晴    ↑ 40年近く使用の脱穀機での脱穀作業です。     ↑ 柿の葉も色づき、脱穀まで漕ぎつけた喜びを感じたひとときです。  今日の作業はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風で水に浸かった稲の始末が出来ました。

 10月10日  台風被害に遭った金蔵連の矢澤さんの田んぼへ通って3日目です。 『カエルの分校』の人で、『トンボ狂会』のメンバーでもある人たちが応援に行き、延べ12名、力を合わせ、ハザを作り直し、稲を再度ハザに架け直すことが出来ました。 後は晴天が続くことを願うのみです。  一番近くの私でも、片道45Kmあります。SSさんは60…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風18号 人間だけではなかった

 10月10日  今日も、金蔵連の水に浸かった稲の処置をしました。 作業中、田んぼの中に、キイロスズメバチの巣が産卵しているのを見つけました。 近くには、腕ほどの太さのスギの枝がたくさん落ちています。 状況から推定すると、先日の台風で、枝ごと飛ばされて来たようです。 一番近くのスギの樹に巣があったとしても、40~50mは離れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風18号 

 10月8日 金蔵連  伊勢湾台風から50年目の今年、同じようなルートで台風18号が来ました。 幸い、大きな被害はありませんでしたが、記録には残らないような小さな被害があり、その後片付けをして来ました。 もう二日ぐらい掛かりそうです。         ↑ 台風でハザが折れて倒れ、水浸しになった稲。         ↑ 水に浸か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありんこ

 6月26日昼 カエル谷  背中に虫の気配がし、濡れたタオルで払ったとき運悪く当たったのかどうか知らないが、ウシアブが長椅子の上で死んでいた。  ↑ 暫くすると、長椅子を行ったり来たりしているアリたちの一匹が、アブに気づき、ごそごそとし始めた。 ただ、不思議なことは、仲間と思えるアリが傍を通るのだが見向きもしない。  ↑ や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トビズムカデ

 6月9日 うす曇 カエル谷  昼食はカエル谷へ行ってとりました。 風の谷とカエル谷との間には、三角点のある小さな山が一つあるだけです。 冬場は歩いて山越えなどもするのですが、さすがに今の季節は車を使います。 草を刈ったり、生きものの観察をして、車の所まで薄暗い山道を登って行くとき、 崖の根元でトビズムカデが丸くなっていま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さいながらも

 6月9日 うす曇 風の谷  農道の補修を終え、後から見えた方たちとトンボなどを観ていたら、湿地の草の間に小さなカマキリを見つけました。 シャッターチャンスと、カメラを向けたら「カードが入っていません」のメッセージ。 トホホですが、気を取り直し、他の方たちに撮っていただきました。  クモと子どものカマキリの睨み合いです。  写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more