テーマ:いやし

マンサク

 2月4日 小雨  通院で岡崎に出たついでに、雨の中、昔なつかしい界隈を歩いて来ました。  マンサクが咲いていました。  昨日は、蛙の産卵もありました。  寒かった今年の冬でしたが、やっと春が来たようです。  半日以上経ったニホンアカガエルの卵塊です。  産卵し数時間のヤマアカガエルの卵塊です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の気配

 1月31日 晴れ  遅れている今年のカエルの産卵ですが、ここ二日ほど暖かい日が続いたので、今日あたりはカエルの鳴声が聴けるかもと、カエル谷へ行きました。 鳴き始めるまで、新しい水辺を造りながら待ったのですが、鳴きませんでした。 でも、フキノトウが顔を出してました。10ヶありました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子スズメ

■6月17日(日) 小雨のち曇り  今日は、市の環境美化の日でした。 やることは、どぶ掃除と草刈り、草むしりです。 私の今回の当番は、隣組ではなく、遊歩道の草刈りです。 一時間ほどで終り、家へ戻って来ると、 家の前の小公園で、井戸端会議ならぬ、公園会議の真っ最中。 ご近所さんですから、話の輪に入り、楽しくやっていると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白から薄桃色へ

■6月5日(火) くもり  今日はカエル谷の作業日でした。 昨日の続きのハラビロトンボの水辺づくりや、残したい植物のうっかり刈り取り対策と、若竹の除伐などをしました。 ■ハラビロトンボの水辺 AIさんと相談し、とりあえず次の二ヶ所を整備しました。 どちらも、年間を通じてじゅくじゅくしていて、ヒメタイコウチや、アカネ属の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「虫の日」 つづき チビのカマキリ

■6月4日(月) うす曇  カエル谷で草刈りをしていると、チビのカマキリがいたので、彼らの飛び移る習性を生かして、「ぐるぐる回れ遊び」をしました。 ↑ 柵のところにチビのカマキリがいました。 左へ向かって歩いて行くので、 ↑ 左手で進路を遮ると、 ↑ 引き返すことなく、遮った手のひらにピョンと飛び乗り、横切って行くのでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛙の子どもが出始めました。

■5月12日 晴れ 気温21℃ カエル谷 ↑ 今日のカエル谷です。 気温も高いときで21℃、さわやかな風が吹き、作業中も汗ばむことはありませんでした。  アズマヒキガエルの子どもが出始めました。 ↑ 通称ガマガエルと言われ、日本産のカエルの中では一番大きくなるヒキガエルですが、 オタマジャクシやカエルになりたての子どもの頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟伏山(岐阜)

■5月10日 晴れ  友人たちと4人で、岐阜の舟伏山(1040m)へ行って来ました。 舟伏山は、イワザクラで知られた花の山です。 出来れば、4月下旬に行きたかったのですが、他の用事や天候などで、今になりましたが、たくさんの花に出会え、満足の山旅でした。 ↑ 東ルートの登山口です。  標高は360mほどですから、山頂までの標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの日のベッコウトンボ見

■5月5日 晴れ 子どもの日   友人のご家族と静岡県磐田市の鶴ヶ池へ行って来ました。  ベッコウトンボをたくさん見ることが出来ました。 ↑ ツチイナゴの交尾も見れました。 ↑ アマガエルと遊ぶ子どもです。 子どもたちには、楽しい子どもの日になったようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオヤトンボの産卵

■5月3日 晴れ カエル谷  9:40頃です。 オスに見守られ、シオヤトンボが産卵をしていました。 ↑ お腹の先端をちょんちょんと水につけ、水をかき出すようにして産卵します。 (画像の上で左クリックし、拡大してご覧ください。水しぶきと卵が見えます。) ↑ 近くで警護する♂です。 ↑ トンボ池の辺では、カマツカの花が咲いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サナエトンボの羽化

■4月25日  F町K池です。  越冬トンボの産卵の横ではタベサナエが羽化中でした。 ↑ 池の周囲には、タチツボスミレやコバノミツバツツジの花が咲いていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五東ビオトープ

■4月24日  カエル谷の作業の帰り、久々に五ヶ丘東小学校へ寄って来ました。 校長先生と少しお話をしてから、校庭の南東にあるビオトープを見せていただきました。 ↑ アジアイトトンボ未成熟♀です。  他にはウシガエルの大きなオタマジャクシもいました。 ↑ コナラの若葉です。 ↑ カサスゲが花を咲かせていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木々は萌え、花が咲き、虫たちも活発化

■4月24日 カエル谷  ヤナギも萌え、カエル谷が一年中で最も輝いて見える季節になりました。 植物が輝くことは、それらを生きるよりどころにしている生きものたちにとっても良い季節ですから、草食、肉食、雑食に関らず、いろんな生きものたちも活発になり、人が目にする機会も多くなっています。 ↑ ニワハンミョウです。 ↑ どこから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエルの作品(かえでとしお)

■4月18日   蛙の画家の柴田まさるさんと、蛙の陶芸家かえでとしおさんの個展「命の記憶」を観に尾張旭市に行って来ました。 いつも感じているのですが、しっかりカエルを観て、作品に昇華させているかえでさん。 とても良かったです。 益々のご活躍を!  下記写真は、今回も含め、私が持っているかえでとしおさんの作品の一部です。 蛙好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエル谷の春

■4月17日  水周りの整備などでカエル谷へ入りました。 ↑ 水が温み、木々の若葉が輝くカエル谷です。 ↑ シオヤトンボも数が増えていました。 ↑ レンゲの花も咲き始め、生きものたちにとって待ちに待った本格的な春の訪れです。 14:40のときに気温は25℃ありました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タベサナエ

■4月16日   何年か振りで某池へ行って見ました。 目的は羽化中のタベサナエです。 ↑ 羽化中のタベサナエです。 ↑ 処女飛行の後、最初にとまった所です。  水辺は外的に狙われやすいので、ここで、体温が上り元気に飛べるようになるのを待ちます。 ↑ コバノミツバツツジです。 ↑ リョウブの若葉です。 ↑ 林床にはハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島で一番高い山へ登る

■4月6日(金)  潮風さんと、お友達のSさんとの三人で、島で一番高い西岩岳(標高130m)に登りました。  お二人との山歩きは、2年前の白滝山以来です。 ↑ 登山口の目印、浜之浦隧道です。 ルートは、トンネル手前右の坂を上って、旧道の峠に出て、尾根伝いに北上するものです。 ↑ 峠です。 札所らしいものがありました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その⑤

■4月5日 (島遍路 二日目…お接待の翌日)  厳島神社へ向かう ↑ 殿山の東、ビニールハウスが並ぶ所に出た私は、再び海岸沿いを西へ向かい、厳島神社近くの三つの札所を目指しました。 ↑ 振り返ると因島大橋が見えていました。 ↑ 黒崎鼻の付け根にあたる峠から、西岩岳を見たところです。 ↑ 岩子島の南西端にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その④

■4月5日 (島遍路 二日目…お接待の翌日)  今日も岩子島の札所巡りをすることにしました。 全部回ってしまいたいと言うことよりも、三十二番札所を見つけておきたいとの気持ちがそうさせました。 いわゆるリベンジです。  昨日は、阿弥陀寺のある山の上から探し回ったのですが、見つけることが出来ませんでした。 山は、頂を目指す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その③

■お接待の日 (4月4日) つづき  今回、札所を巡るために私が持ち歩いた地図は、次の二つです。 その① 「岩子島四国八十八ヶ所霊場めぐり」 ↑ 潮風さんから向島のものと共にいただいた岩子島の地図です。  この地図は、藤田久登様(元歩こう会会長)が中心となって現地確認し、歌島郷土研究会が編纂した「向島八十八ヶ所巡礼」の手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その②

■お接待の日 (4月4日) つづき  廃道となった谷間の踏み跡を下り、毘沙郷の集落へ出た私は、十六番札所を後回しにして、十九番札所を目指しました。 車と違い、歩く旅は時間が掛かる分、眼にするものや出会いが多く、無理さえしなければ、とても楽しいものです。 ↑ 水神様が祭られた井戸がありました。 年間降雨量の少ない瀬戸内の人々にと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その①

■プロローグ 岩子島 (いわしじま) 岩子島は、瀬戸内海に浮かぶ周囲8Kmほどの小さな島です。 私が定宿にしているB&B潮風さんのある向島の西に寄り添うようにしている ワケギとトマト栽培が盛んな農業の島で、行政上は尾道市に含まれます。       地図上で左クリックし、画像を拡大してご覧ください。(以下同じ) お接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の気配

■3月6日 カエル谷  今年もフキノトウが顔を出しました。  少ないので、採らないで鑑賞だけです。  ふるさと(雪国)と違い、愛知はフキノトウが少ないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セツブンソウ(節分草)

■2月16日  明日よりも今日のほうが天気は良いとの予報に、友人と3人で急遽セツブンソウを見に行って来ました。  有名なお寺さんと、今回見つけた某所の二ヶ所で観ることが出来ました。 天候が予報と違い、曇りで気温が3℃と寒い日でしたが、久々のセツブンソウの花に出会え、心は満たされました。  新たな群生地が発見出来たのも良かったです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日の出

 2012年の初日の出です。     (みよし市さんさんの郷にて)  震災にあった方々にとり、今年は良い年であることを願います。  そして、人間をはじめ、全ての生きものたちにとっても幸多い年であることを願います。     
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神越渓谷のミヤマアカネ

11月16日 『カエルの分校』の人たちと神越渓谷を歩いたとき、ミヤマアカネを観ることが出来ました。 今の季節にはめずらしく、みんなでしっかり観察しました。 ↑ ミヤマアカネ♀です。さすがに翅が痛んでいますが、子孫は残せたようです。 ↑ ミヤマアカネ♂です。 ↑ 例年12月半ばまで観ることの出来るヒメアカネは、連結して産卵をして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自然の中のコンサート

イチョウの葉が色づく頃、毎年楽しみにしているコンサートがあります。 会場は、紅葉の名所・香嵐渓から車で30分ほど山へ入った、小さな小学校跡です。 開くのは、廃校になった御内小学校校舎で楽器作りをされている伊藤修さんです。 コンサートは無料で、来場者には、毎年、小さな楽器がプレゼントされます。 つまり、全てが伊藤さんの音楽を愛する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアイトトンボ初確認!

5月18日 晴れ  今日は、カエル谷の作業日でした。 天気予報では最高気温が28℃くらいになるとのことでしたので、作業は午前中で終えて、午後は、カエルやトンボなどを観て過ごすことにしましたが、昼近くには気温がどんどん上がり、それが正解でした。      (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さな小さな蛙たち

5月16日 晴れ ■アズマヒキガエル  先回(5月12日)、小さなオタマジャクシのことを書きましたが、その続きです。 アズマヒキガエルの赤ちゃんたちが上陸を始めました。       (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)  ↑ こちらは14日に撮った赤ちゃん蛙です。長い尻尾が残っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなで山へ

5月8日 快晴  昨日までの雨も、晴れ男のKIさんのおかげか、快晴でした。 7台の車に分乗し、カエルの分校とコンパスの山仲間がコラボした初の山歩きです。 参加者の年齢幅は35歳ほどで、最年長者は、分校の人気者キクちゃんで、83歳です。 78と思っていたので、そう紹介したら、「若く見られて、うれしいわ!」と、笑顔のキクちゃんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4度目の尾道  帰る日 ③寄り道

4月10日 晴れ  B&B潮風さんから兼吉(かねよし)までは、道草をしながら歩いても、30分もあれば十分です。 これまで、二度行っていますので、バス通りを行かず、地元住民しか通らないような道を、のんびり歩きました。      (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)  ↑ 「ばんよりさん」です。(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more