テーマ:日本の風景

草刈り つづき

■5月19日、20日 くもり  今日も、ごろちんの森の草刈りをしました。  にょきにょき生えた竹も切りました。 ↑ 草刈りをする神谷さん(町長)と、草を整理する牧さんです。 ↑ 赤いきれいなカミキリムシがいました。 ベニカミキリと判明しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然の残る川

■4月25日  サナエトンボを探していくつかのポイントを回ったときに出会った川です。 今の時代、ほとんど見られなくなった護岸工事がされてない自然のままの姿です。 上流に砂防ダムなどもないため大雨のときに大量に土砂が流れ込みますが、その分、生きものたちにとっては棲みやすい環境で、景観的にも私たちを癒してくれます。  災害に弱い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その②

■お接待の日 (4月4日) つづき  廃道となった谷間の踏み跡を下り、毘沙郷の集落へ出た私は、十六番札所を後回しにして、十九番札所を目指しました。 車と違い、歩く旅は時間が掛かる分、眼にするものや出会いが多く、無理さえしなければ、とても楽しいものです。 ↑ 水神様が祭られた井戸がありました。 年間降雨量の少ない瀬戸内の人々にと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩子島を歩く  その①

■プロローグ 岩子島 (いわしじま) 岩子島は、瀬戸内海に浮かぶ周囲8Kmほどの小さな島です。 私が定宿にしているB&B潮風さんのある向島の西に寄り添うようにしている ワケギとトマト栽培が盛んな農業の島で、行政上は尾道市に含まれます。       地図上で左クリックし、画像を拡大してご覧ください。(以下同じ) お接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹原  つづき

4月3日 ■本町界隈 その② ↑ 町を歩いていたら「修景広場」と言う新しい空間がありました。町並みを歩く人の休憩所のようです。 竹原の地名に合わせたのでしょう。笹や竹を生かした空間でした。 3.11災害の被災地を励ます言葉が刻まれていて、ふるさとが被災した私にとって、うれしいことでした。 私は、札所を利用させていただいたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹原(広島)

■2012年4月.3日  2年ぶりの広島なのですが、雨男の私は、よりによって温帯性低気圧が968hPaと大型台風なみに発達する予報が出ている中での旅立となってしまいました。  先回来たとき、向島にあるB&B潮風さんに、竹原はいい所とお聞きしていたので、安芸の小京都と言われる竹原を訪ねました。 B&B潮風さんは、西日本へ行くとき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美を感じた一日

■3月22日   午前の用事が早く済んだので、昼から「碧南ビエンナーレ展」に行き、いろんなジャンルの意欲的な作品に触れることが出来ました。 ↑ 会場風景です。 ↑ 柴田まさるさんと、作品「おび」です。 蛙がモチーフなので、蛙好きの私にはいつも楽しみな作品です。 ↑ 碧南市藤井達吉現代美術館です。  美術館のある辺りは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶滅に向かうのかアキアカネ

 9月18日付で「赤とんぼ(アキアカネ)が消えそうです! 」をアップさせていただきましたが、 その後のアキアカネの生息確認結果をお伝えします。 平地の田んぼ ■9月26日  「竹村の田んぼ」 (愛知県、標高30~40mほど) 結果  アキアカネはゼロでした。  確認出来たのはギンヤンマ11、シオカラトンボ6…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

坂折の棚田 (岐阜県恵那市)

  9月3日(金)  ちょっとした山歩きも出来るようになったので、6月の山行で、笠置山の帰りに コンパスくらぶのみなさんが立ち寄って来た「坂折の棚田」(岐阜県恵那市)へ行って来ました。  「坂折の棚田」は、「日本の棚田100選」に入っているだけに、とても素晴らしい所でした。  次の機会には、ぜひ、田に水の入った田植え直後に訪ねられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more