汽水域のトンボ

■7月18日(水) 快晴 36℃

画像


 酷暑の中、友人と木曽川河口近くの河川敷で、ヒヌマイトトンボ(注)を観て来ました。

  (注)
    1971年、茨城県の涸沼(ひぬま)で、廣瀬誠、小菅次男の両氏によって発見された汽水域に生息する国の絶滅危惧種(Ⅰ類、CR+EN)に指定されているトンボです。

画像
 ↑ ヒヌマイトトンボの♀です。
画像
 ↑ ヒヌマイトトンボの♂です。
画像

画像

画像
 ↑ ヒヌマイトトンボの交尾です。

 なお、今回のトンボ観で気づいたことがあります。
それは、海水と淡水が混ざる汽水域には、ヒヌマイトトンボ以外にも、数種のトンボが産卵し、生息していることでした。 
画像
 ↑ 潮が引き、水草が見える河川です。
画像
 ↑ 水草に産卵するアジアイトトンボです。
画像
 ↑ 産卵写真は撮れませんでしたが、水草の上で休むムスジイトトンボの♂です。

 他には、アオモンイトトンボ、オオシオカラトンボ、ウスバキトンボの姿が少数見れました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック