タガメの産卵 その②

■6月20日(水)曇り時々雨 12:05 ~12:58

 その①のつづきです。
 
 屈んだ姿勢での観察は結構きつかったですが、めったに観れないことなので、産卵が終わるまで観察を続けることにしました。
画像
↑ ♂が吸水に戻っている間、単独で産卵するタガメです。  (12:14)

画像
↑ 葦の根元で吸水するタガメの♂ですが、水の中なので判りにくいです。  (12:14)

画像
↑ 吸水を済ませ再び♀の元へ行く♂のタガメです。  (12:15)

画像
↑ ♀と合流したタガメの♂(下側)です。  (12:15)

画像
↑ 水を吐き出すタガメの♂(上側)です。 (12:15:56)

画像
↑ 再び交尾するタガメです。 (12:16:42~12:17:31)

画像
↑ 吸水に戻るタガメの♂です。 (12:18:23)

画像
↑ 葦の根元で吸水するタガメの♂です。 (12:18:25)

画像
↑ 再び単独で産卵するタガメです。 (12:18:27~12:20:08)

画像
↑ 葦の根元で吸水するタガメの♂です。 (12:19:42)

画像
↑ 吸水に戻るタガメの♂です。 (12:20:31)

画像
↑ ♀と合流したタガメの♂です。 (12:20:46)

画像
↑ 水を吐き出すタガメの♂(上側)です。  (12:20:43~12:21:45)

画像
↑ 再び交尾するタガメです。 (12:21:43~12:23:44)

画像
↑ 吸水に戻るタガメの♂です。 (12:23:47)

画像
↑ 葦の根元で吸水するタガメの♂です。  (12:23:56)

画像
↑ 再び単独で産卵するタガメです。  (12:23:48~12:24:52)

画像
↑ 再び♀と合流したタガメの♂です。 (12:27:37)

画像
↑ 水を吐き出すタガメの♂(上側)です。 (12:27:45~12:28:53)

画像
↑ 再び交尾するタガメです。それにしても愛情こまやかで、スタミナのあるタガメです。 (12:28:55~12:29:57)

画像
↑ 再び吸水に戻るタガメの♂です。 (12:30:30)

画像
↑ 再び単独で産卵するタガメです。  (12:30:46~12:35:50)

画像
↑ 吸水を済ませた♂のタガメは、再び♀の元へ戻り、水を吐き出した後、再び交尾しました。 (12:36:24~12:38:44)

画像
↑ 再び吸水に戻るタガメの♂です。  (12:38:51)

画像
↑ 再び単独で産卵するタガメです。  (12:38:57~12:45:16)

画像
↑ 10:58から始まった産卵が、やっと終わったようです。 タガメのペアが去り、卵塊だけが残りました。 (12:57:29)

画像
↑ 親たちは葦の根元でじっとしていました。 疲れた身体を休めているのだと思います。 (12:57:35)


■今回のタガメの産卵観察で判ったこと

  ①産卵は、昼中でも行われることがある。
  ②水面から45cmの位置の葦の茎で行われた。
  ③交尾は、産卵の途中で繰り返し行われた。 (産卵場所に登る前は不明。)
  ④♂は、♀が産卵している間、何度も吸水?に降りた。 (全12回)
  ⑤水分補給を終えると、その都度交尾を繰り返した。 (1回あたり30秒ほど)
  ⑥産卵は約2時間掛けて行われた。 (10:58~12:57)
  ⑦産卵の間、♀は頭を下に向けたままで、その場を離れることはなかった。
  ⑧はじめに♂が降り、次に♀が降りて、産卵が終わった。
  ⑨卵の数は107ヶだった。
  ⑩♂は、卵塊のある葦の根元にとどまり続けたが、♀は消えた。



画像
画像
↑ こちらは、同じ水辺にあった、もう一つの卵塊です。

 1~2日前に産卵したものと思われます。 (補足:この卵塊は22日に消えました。)





                                                    つづく