シロヤマブキ

■4月23日

画像
画像


 庭のシロヤマブキ(バラ科シロヤマブキ属)も咲き始めました。
ヤマブキの名前ですが、ヤマブキ(バラ科ヤマブキ属)とは属が異なり、花弁の数も違います。
病害虫にも強く、どんぐりのように、落下した種から、何もしなくても芽が出て、よく活着します。
岡山県の新見市や高梁市などの石灰岩地帯には、僅かに自生しているようですが、シロヤマブキの持つ強さからすると、絶滅危惧種Ⅰ類になっていることが「なぜ?」と思ってしまいますが、心無い人たちによる盗掘や、開発圧が激減の原因だそうです。
結局は、私たち人間側の問題なのです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック