タイワンタケクマバチ(台湾竹熊蜂)

■5月29日

 今日は、五ヶ丘東小学校で「プールのヤゴ救出大作戦」がありました。

画像

 そのとき、ちょっとしたハプニングが起きました。
黒く大きなタイワンタケクマバチが、一人の児童にまつわり付いて、離れないのです。
  「手で払ったりしなければ刺されないから、じっと我慢だよ!」
大声で言ってあげました。
  「はい。がまんします。」 小さな彼の返事でした。
外の児童は、彼から少し離れましたが、クマバチは、彼から離れません。
画像
画像
画像
画像
↑ まつわりつくクマバチを必死に堪えるK君です。
(画像の上で左クリックして拡大してご覧ください。クマバチの姿が見えます。)
 
 汗がかいたところで、私が近くへ行くと、クマバチは、彼の元を離れ、私の首に止まって汗を吸い始めました。
みなさんが、恐る恐る見てました。

 しばらくしてから
  「よく、我慢したね。怖かったろう?」と尋ねると、
  「はい。怖かったです。」との返事。
  「本当は白い帽子を被る予定だったけど、忘れたので、黄色い帽子にしたら…」 とのことでした。
 クマバチは、白や赤よりも、黄色が好きと、みんなが解かったのでした。
スズメバチと比べ、クマバチは攻撃性が低いので、刺激しないのが一番です。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック