トンボの羽化 その後

■4月12日 晴れ
 カエル谷では、その後もシオヤトンボの羽化が続きました。
画像
画像
画像
画像
画像
↑ もうじき飛び出そうとするシオヤトンボです。
画像
↑ 山桜も咲き、木々も芽吹き、輝きだしたカエル谷です。

今年生まれのトンボ

■4月8日(日)
 広島から帰ると、3日の強風で小屋が壊れたとのメールが入っていました。
昨年の震災に遭われた方々と比べれば、かすり傷程度といえますので、修復のためカエル谷へ集まると、シオヤトンボがいました。勿論、今年生まれでは初めてのトンボです。
画像
↑ 羽化間もないシオヤトンボです。
画像
↑ 中々暖かくならない今年の春でしたが、木々の新芽が輝きだしました。
画像
↑ 何度かの台風でも無事だった小屋も、今回の強風で壊れました。
画像
↑ 骨組みにする竹を切り出し、運びました。火曜日に組み立てます。
画像
↑ ショウジョウバカマがきれいに咲いていました。

岩子島で一番高い山へ登る

■4月6日(金)

 潮風さんと、お友達のSさんとの三人で、島で一番高い西岩岳(標高130m)に登りました。
 お二人との山歩きは、2年前の白滝山以来です。

画像
↑ 登山口の目印、浜之浦隧道です。
ルートは、トンネル手前右の坂を上って、旧道の峠に出て、尾根伝いに北上するものです。

画像
↑ 峠です。 札所らしいものがありました。
画像
↑ 第四十三番札所「伊予・赤石寺」です。 昨日は雨が降り出したたため、札所巡りは四十二番札所で打ち切ったのでした。 もう少し西の、下のほうにあると思っていたのですが、意外なところに四十三番札所があました。
それぞれが、想いを込めてお参りさせていただき、山頂を目指しました。

画像
↑ 梨のようなきれいな白い花が咲いていました。 ハタンキョウ(スモモ)とSさんに教えていただきました。
画像
↑ 数本植えてありました。 どうやらミカン栽培を止めた後で植えられたようです。
画像
↑ 少し行くと、右手に札所がありました。 以前来たとき、ヤモリのいた札所です。
画像
↑第四十四番札所「伊予・大宝寺」でした。 


少し登ると海が見えて来ました。
画像
↑ 三原方面です。
画像
↑ 黒崎鼻や、佐木島方面です。
画像
↑ 所々に、ばべ(ウバメガシ)のトンネルがありました。
画像
↑ 尾道水道方面です。 山の上に尾道総合病院の白い建物が見えました。
画像
↑ 海の水がとてもきれいでした。
画像
↑ ミツバツツジも咲き始めていました。

画像
↑ 細島や、佐木島、生口島、大三島なども見えました。

画像
↑ 頂上の最後の登り手前にあった第四十六番札所「伊予・浄瑠璃寺」です。
画像
↑ 島々の間を船が通って行きました。
山国で育った私にとって、唱歌 「ミカンの花咲く丘」 の風景は、いつか見たい憧れでした。

(ご参考)
  生まれて初めて見た海は、小学4年生のときの久ノ浜でしたが、昨年の大震災で被災しました。 被害に遭われた方々の一日も早い復興を願わずにはいられません。

画像
↑ 頂上近く、砂地がむき出しになった尾根から糸崎方面を見たところです。
画像
↑ 山頂側から南側を振り返ったところです。
なだらかに見える尾根ですが、砂地で傾斜があるため滑りやすかったです。
後ろに見えている山は殿山(標高117m)です。

画像
↑ 山頂近くにあった祠です。 正面から見たかったのですが、岩の上に鎮座していて近づけませんでした。 
画像
↑ 三等三角点「西岩嶽」です。 背後に見えているのは糸崎方面です。
画像
↑ ゆるぎ岩です。
画像
↑ 大小ふたつの鯨島と、鉢ヶ峰(標高429.7m)です。
画像
↑ 山頂からの尾道水道です。

画像
↑ 山頂近くにあった第四十七番札所「伊予八坂寺」です。
画像
↑ ゆるぎ岩の根元にあった天女のような姿が彫られた石仏です。

 潮風さんが持って来られた暖かいコーヒーをご馳走になりながら、展望と、おしゃべりを楽しんだ私たちは、しばらく休んだ後、登って来た道を引き返しました。
次のときは、北側から登ってみようと思います。


寄り道

画像
↑ 浜之浦隧道を西へ行ってみました。
画像
↑ 郷条の集落を北へ行ったところにあった第六十七番札所「讃岐・大興寺」です。



 登山口からゆっくり歩いて45分ほどで、素晴らしい景色を見ることが出来ましたので、多くの方々に登っていただきたい山と言えます。   ★★★★☆



(補足)
  岩子島歩きのすすめ


 時間があり、健脚の方は、東岩岳、西岩岳、殿山をセットで歩くのが楽しいと思います。
 ゆっくり、のんびり歩くのであれば、景色の良い札所や、向島大橋近くの三角点などと、どちらかの岩岳を組み合わせて、自分だけのコースを作って歩くのも楽しいと思います。
 季節は11月から4月一杯が、空気が澄み、遠くまで見えることと、藪の程度がさほどでないこと、汗もかかず、ハチやヘビがほとんどいないので、お薦めです。




  帰りは、向島の有井にある美人の姉妹がやってられる「ことぶき」さんで、美味しいランチを食べました。