竹原  つづき

4月3日

■本町界隈 その②
画像
画像
画像
↑ 町を歩いていたら「修景広場」と言う新しい空間がありました。町並みを歩く人の休憩所のようです。
竹原の地名に合わせたのでしょう。笹や竹を生かした空間でした。
3.11災害の被災地を励ます言葉が刻まれていて、ふるさとが被災した私にとって、うれしいことでした。
私は、札所を利用させていただいたのですが、雨の日の休憩所もあると旅人にとっては、更にうれしい気がしました。
画像
↑ 珍しい六角形の井戸です。尾道もそうでしたが、島嶼部も含め、年間降水量の少ない瀬戸内の各地には、水を大切にする文化が根付いているように思います。
画像
画像
画像
↑ 伝統を感じる透かし彫りも随所に見られました。
画像
画像
↑ 竹を生かした堀の安全カバーです。金属のフェンスと違い、町並みとも調和が取れていました。
画像
↑ 側溝の蓋も、景観と濡れても滑らないように工夫がされていました。
画像
画像
  
画像
画像
  
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
↑ 白壁、土壁、焼き板壁に、意匠を凝らした窓など、味わいのある民家が多くありました。
画像
画像

 台風のような風雨の中での町並み歩きでしたが、感じる心地よさは何から来るのか不思議でした。
職人さんたちが、その技を発揮し丁寧に造っていること。そして、それらの建物などを大切にして来た人々たちの想いが、私たち旅人の心に響くのかも知れません。
竹原は、同じ広島県の尾道や鞆、上下、府中同様、いい町でした。
私が定宿にしているB&B潮風さんの話しによれば、庄原や三次など、まだまだたくさんの心地よい町があるようですので、健康なうちに広島通いをするつもりです。
 竹原ですが、ただ、気になることもありました。
それは、全国各地に見られるシャッターが閉められた店が多いことでした。
地方の文化を絶やさないためにがんばってられる人々の幸いを願わずにはいられません。
ありがとう、竹原。
いつの日か、再訪したい町でした。

〔追記〕
 ①昼食
 駅近くの食事処「ふ志゙や」さんで「カキどんぶり」をいただいたのですが、これが抜群に美味しかったです。(850円ぐらいでした。)
 この季節、竹原を訪れた方には、お勧めです。★★★★★に近いかな。
 ②強風で電車がストップ
 2時間近くたっても動く気配がなく、バスなどを乗り継いで、何とか明るいうちに潮風さんへ入ることが出来ました。
潮風さんは心配され、携帯へ電話を下さったのですが、気づかぬ僕でした。すみません。そして、ありがとうございます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック