岩子島を歩く  その⑤

4月5日 (島遍路 二日目…お接待の翌日)

 厳島神社へ向かう

画像
↑ 殿山の東、ビニールハウスが並ぶ所に出た私は、再び海岸沿いを西へ向かい、厳島神社近くの三つの札所を目指しました。

画像
↑ 振り返ると因島大橋が見えていました。

画像
↑ 黒崎鼻の付け根にあたる峠から、西岩岳を見たところです。

画像
↑ 岩子島の南西端にある黒崎鼻です。 水がきれいでした。 

画像
↑ 三十九番札所は、廃墟と化した海の家?の横のクスノキの陰にありました。
厳島神社とは眼と鼻の先に位置するのですが、近年はお参りされる方もいないようで、仏様も寂しそうに感じました。
画像
↑ 第三十九番札所「土佐・延光寺」です。 夏になれば、草むらの中に隠れてしまいそうです。


 次の四十番札所は、いただいた地図によれば、三十九番札所と厳島神社の間にあるはずなのですが、位置を変えられたのか、中々見つかりませんでした。
島の人の話では、都合で位置を変えた札所もいくつかあるとのことでした。
実際、回ってみると、進行方向の右と思っていたのが左にあることもありました。
 それらも含め、範囲を広げて探しているうち、結果として、参道沿いにあった四十一番札所を先に見つけました。

画像
↑ 第四十一番札所「土佐・龍光寺」です。


 四十番札所は、意外な所にありました。
画像
画像
↑ 神社裏手の崖の穴の中にあったのです。

画像
↑ 第四十番札所「伊予・観自在寺」です。 先ほどの三十九番札所同様、しばらくお参りがされていないようでした。
 なお、ここから土佐を倣った札所が、伊予〇〇に変わりました。

 厳島神社は、最寄りの集落から7~800mほど離れている上、坂を上り下りしなければならないこともあり、高齢者が多くなった現在、お参りが困難になっているようです。


 寄り道して厳島神社
 トンネルを出た所や、山の上から眺めたり、写真で見ていた厳島神社です。
初めて間近に見ることが出来ました。 夕日がとてもきれいな所と聞いてましたから、
今度来るときは夕日が見れる時間にしたいと思いました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
↑ 赤穂四十七士の奉納額がありました。 
今は、荒涼とした厳島神社でしたが、昔は参拝客も多く、賑わっていたようです。


 次に、四十二番札所を目指しました。
画像
↑ 車道を横切り山裾を北へ向かうと、右手に手入れされた道があり、
画像
↑ 道の終わりに札所と思える石仏が見えて来ました。
画像
↑ 第四十二番札所「伊予・佛木寺」です。
画像
↑ ただ、石仏を囲っていた石が崩れたままになっていて、ここも、お参りの人がいないようでした。
標識で判ったのですが、道が手入れされていたのは、高圧線鉄塔の巡視路だったからでした。
巡視路は山へ向かっていて、かつての遍路道はそのまま山裾を行く感じでしたが、藪の中に消えていましたので、次の四十三番札所は、一旦、車道へ戻り、トンネル側から探すことにしましたが、雨が降ってきたので今日の札所巡りは打ち切りにしました。

画像
↑ 浜之浦隧道です。


 バス停のあるJAの集出荷場までは、直線で1Kmほどなので、島の景色を楽しみながら、
のんびり戻りました。
 朝、潮風さんに送っていただいた近くでゲートボールをしていた島の方たちが私に気づき、   「今日もお出でになったのですか…」と、話しかけてこられました。
見慣れぬ顔なので、みなさん、すぐに気づいたようです。
  「今からどちらへ?」
  「向島の宿へ帰ります。」
  「ほな、もうじきバスが来るよ。」
と言うことで、運良く、平日の午後は一便しかないバスに乗れ、B&B潮風さん近くの小浦渡へ戻ることが出来ました。
運賃は270円と安く、驚きました。 (おのみちバス向島循環線)

 潮風さんは用事で留守でしたが、自室に戻り、着替えてから、本を読んだり、篠笛を吹いたりして過ごした後、渡船で尾道へ渡り、村上さんでお好み焼きを食べました。

  「毎週水曜日に、坐骨神経痛で病院通いをしてるんよ…」と言いながらも、
明るく笑うおばちゃんとの久々の対面は、うれしかったです。
勿論、砂づりも、おまけでいただいた草もちも、美味しかったです。

  「焼肉屋さんは、今日はこれから?」
  「もう少し経ったら来ると思うよ…」
  「そうそう、堂林さん、一軍に入り、頑張ってるよ!」 と、おばちゃん。
憶えていてくれてうれしかったです。
彼が高校を出て広島へ入った年に、ここで知り合った、52年の中京商と決勝で戦った尾道商の元甲子園球児の焼肉屋さん(久保町の楽天)が、
  「彼は、将来、広島の主軸になるよ…」と言い、応援してると言ってられたのでした。
同じ町出身の堂林選手には、ぜひ、活躍してほしいです。 広島の方々、よろしくです。

 堂林選手、みんなで応援しています。 

 村上のおばちゃんも、お元気で。



                                                    
 










 

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック