生きる

 日本には捕鯨の文化があり、古くから鯨を食べていました。
しかし、食べない国の人たちから見たときに、それは野蛮と写り、調査捕鯨船だけでなく、古くからの捕鯨の町であった太地町まで、反捕鯨団体の執拗な攻撃を受けています。
彼らは自分たちを善と思い込んでいるようです。
でも、彼らは、牛肉などを食べているのですが、クジラもウシも同じ生きものとの見方は無いようです。
 残酷に見えるかもしれませんが、人も、野生の生きものも、生きるために、命を奪い食べることは仕方の無いことに思います。要は、無差別であったり、必要以上に捕ったり、食べ物を残すことこそ、戒めなければならないように思うのですが。
画像
画像
 ↑ メダカを捕らえた○○の1~2齢幼虫です。(2011.6.23 カエル谷にて)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック