4度目の尾道  二日目  ①常夜灯を訪ねる

 4月8日 晴れ 二日目です。

朝の散歩
 B&B潮風さんに泊まっているとき、天気が良ければ、1/12500地形図とコンパスを持って散歩に出ます。
 今朝の目的地は、昨夜、B&B潮風さんに教えていただいた常夜灯巡りです。

 B&B潮風さんの良いところは、たくさんあるのですが、主なものをあげると
  ①客室3つだけの小さな宿で、家庭的。
  ②各部屋が、ゆったりしていて寛げる。
  ③談話室(食堂を兼ねます。)で、同宿者やB&B潮風さんと、気さくに過ごせる。
  ④朝食がおいしい。 朝食以外の時間帯でも、コーヒーや、果物、お菓子などのサービスがあります。
  ⑤女将さんも大女将さんも、人柄が良く、魅力的な方で、一人一人の宿泊者を大切にされ、さりげなくおもてなしをしてくださる。
  ⑥旅や、食べものなどの相談に乗ってくださる。
 (女将さん手作りのお勧めマップがあります。)
などがあるように感じています。

 これらは、今の時代、ホテルや、で~んと構えた旅館や、ビジネスホテルなどでは得られ難くなっているように思います。
かつてのユースホステルが持っていたいい部分を引き継いでいる感じなのです。
 他にも、たくさんいいところがありますので、あとはみなさん自身、宿泊されて感じてみてください。

画像
    (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)
 ↑ 厳島神社です。 B&B潮風さんからは、東へ300mほどの、車道から少し入った所にありました。

画像
 ↑ 境内には、お稲荷さんなどのほかに、島八十八ヶ所 80番札所 国分寺があり、千手観世音菩薩が祭られていました。
 室内はきれいになっていて、自分さえ良ければとの近頃の風潮とは違い、島の人たちの信仰心と、古いものや、公共の場を大切にする心を感じます。
札所は、地域のコミュニケーションの場にもなっているようです。

画像
 ↑ 文化三年と読み取れる歴史ある常夜灯です。

画像
 ↑ 常夜灯のそばにあった、柄杓をくわえ玉に乗った大変珍しい獅子です。 名のある石職人が作られたのでしょう。

画像
 ↑ 厳島神社にあったもうひとつの常夜灯です。 こちらも古そうです。

 次の常夜灯へ行く途中の風景です。
画像
 ↑ ご先祖さんから受け継がれた庭木(ネズ?)なのでしょう。 切ってしまうことなく、共存されていることに思わずニッコリです。
 この家の方だけでなく、ここを通る人たちも、やさしい気持ちになれると思いました。

画像
 ↑ 井戸です。多分、ポンプを使う現役でしょう。
 水神様だけでなく、石仏も一緒にあるのは、それだけ、水にまつわる人々の歴史があることの証のようです。
かつては共同井戸だったものと思われます。
 瀬戸内地方は年間の降雨量が少ないですし、まして島ですので、水の確保には、ご苦労があったと思います。
本州側から水道が来ている現在も、いざと言うときのために、大切にされているようです。
 私たち現代人は、カフェやレストランなどに入ったら、お冷が出てくるのは当たり前になっていますが、今一度、水の大切さを振り返って見たいものです。

画像
画像
 ↑ 洋風と和風、二つの表情を持ったお屋敷です。
それぞれに味わいがありました。

画像
 ↑ 兼吉(名郷丸)常夜灯です。

画像
 ↑ もうひとつの古い常夜灯の竿の部分です。

画像
 ↑ 向島町(現:尾道市)が立てられた常夜灯の謂れです。

画像
 ↑ 常夜灯に残るくぼみは「盃状穴」と言うのだそうです。
大女将の妙子さんのお話では、予定を過ぎても海から帰らぬ夫の無事を願う妻が、常夜灯を小石で叩きながら船が帰るのを寝ずに祈った跡とのことでした。
 なお、常夜灯は、航海の安全などのために海岸に立てられていたのが、埋め立てられて、内陸部になってしまったとのことでした。

画像
 ↑ 大きな石垣です。 かつては大きな屋敷があったと思われます。

画像
 ↑ 石垣の上には、崩れかかり風化した赤土の土壁がありました。
文化遺産として、保存出来たらと思います。

画像
 ↑大きな石垣の所の北西にあった山の上の木々ですが、テイカカズラかオオイタビでしょうか、幹全体を覆った姿が、躍動感のあるオブジェのようで、面白い空間を創っていました。

画像
 ↑ 兼吉の青木印刷所界隈です。 女将の園生さんの情報によれば、この右手に古い常夜灯があるようです。

画像
 ↑ 昔の姿のままではありませんでしたが、古い常夜灯の竿が残されていました。

画像
 ↑ もう一基分の常夜灯です。
 完全な姿でなくなっているものも、こうして大切にされていることに、心打たれました。

画像
 ↑ すぐ隣にあった井戸と石仏です。

画像
 ↑ 味わいのある土蔵です。

画像
 ↑ 本瓦葺きの古い民家です。 向島には、隠れた良いところがたくさんあります。

 新聞配達帰りの方と、あいさつを交わしたことをきっかけに、ゴミ出しに来られた青木印刷のご主人に紹介されたり、兼吉の穴場の情報をいただき、「今から案内するよ」と、言っていただいたのですが、食事時間までに戻らねばならないやまねでした。
 兼吉からの道中は、朝練で学校へ向かう、野球をしていると言う3人の中学生でした。
みんな元気で明るく、はつらつとしていました。 
 ちなみにB&B潮風さんは、向島中学校の隣なのです。

 つくづく、向島は良いところだなぁと思う、やまねでした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック