4度目の尾道  初日  高見山へ ③

山を下る

 山頂から洋らんセンターへは、北へ伸びる尾根を外さないように下れば良いのですが、高見山の場合、山頂から北のテレビアンテナの広場奥の山道へ辿り着くまでの間には、車道が横切ったり、駐車場や広場があったりして、山道が途切れますので、山慣れない人には、その都度ウロウロしそうです。
 山は、登りよりも下りでの道迷いが起きやすいですから、一般のハイカーの方々のために、下りを重点に、分岐などには判りやすい道標の追加が必要に感じました。
画像
         ↑ 道標のサンプルです。 鉢ヶ峰の尾根にあったものです。とてもいい感じです。
 道標は、シンプルで、耐久性があり、景観に合ったものを、地元山の会と協働で設置されるのが良いように思います。

画像
 ↑ 山頂を少し下った所から見た沼隈半島方面です。

画像
 ↑ 洋らんセンターへ向かう山道は、所々に、ヤマザクラや、コバノミツバツツジ、

画像
画像
 ↑ ザイフリボク(別名:シデザクラ)が咲いている気持ちの良い尾根道でした。

画像
 ↑ 洋らんセンターと江奥、江郷方面です。

画像
 ↑ くだりに使った山道は「山吹遊歩道」 と言うらしいですが、ヤマブキの花を見ることはありませんでした。 自然の場合、ヤマブキは谷筋に生える植物で、尾根には生えませんので、ネーミングに無理があったように思います。 下のほうが周回路になっていましたので、その辺りにあるのかも知れません。

画像
 ↑ 洋らんセンターの登り口です。江奥の東の山が見えています。

画像
 ↑ カレーハウス「Pacu Pacu」です。 今回はポークカレーを食べ、ひと月振りに、江頭さんと、生きものなどのお話しました。

画像
 ↑ カレーハウス「Pacu Pacu」さんから見た芝生広場と高見山です。

画像
 ↑ 江奥の桜です。

画像
 ↑ 江奥の青木神社です。 境内には島八十八ヶ所 69番札所 観音寺 があり、大日如来が祭られていました。

画像
 ↑ 国重文 「吉原家住宅」です。 あいにく閉館日でしたが、外から雰囲気を感じ取ることが出来ました。

画像
 ↑ 江郷にも立派な常夜灯がありました。

画像
 ↑ 江奥塞之神隧道を出た左側には、塞之神社と、島八十八ヶ所 74番札所甲山寺がありました。

画像
 ↑ 二ツ池(神宮寺奥池)です。

画像
 ↑ 神宮寺です。 先月は雪の中でしたので、雰囲気がまったく違って見えました。
画像
 ↑ 3月9日、雪の神宮寺です。

画像
 ↑ アパートでしょうか? 建物は離れていますが、屋根は一体の珍しい造りです。お隣との遮音性には効果を発揮しそうです。 (田尻にて)

画像
 ↑ 16:10頃、無事、B&B潮風さんへ到着しました。
大女将さんも、女将さんも、お元気で何よりでした。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック