シシパラとお玉とシュレーゲルと囲炉裏

3月23日

 三寒四温と言われますが、春先の気候は寒暖を繰り返します。
今日は、カエル谷で、イノシシのための湿地(シシパラダイス…通称:シシパラ)を造りました。

  「何でそんなことするぎゃじゃ~?」

 イノシシが、トンボやカエルの生息地の畦などを壊してしまうので、フィールド全体に網を張り巡らせたのですが、それでは彼らも困るじゃろうと、囲いの外へ専用の湿地を造ったと言うわけです。
 囲いの外に餌場を兼ねた遊び場を造ることで、網を破ったり、くぐったりするのを防ぐと言うのが本当のネライですが、言葉の通じない彼らに、私たちの想いが伝わるかは?です。
でも、そこも、トンボやカエルの生息地になりますので、いいのです。 (^^) 
 (参考) 彼らが畦などを壊すのは、壊すのが目的ではなく、餌を探したり、泥に体を擦り付けてダニを落とすためです。

画像
     (写真の上でクリックすると大きな写真になります。以下同じです。)
 ↑ アズマヒキガエル(通称:ガマガエル)のお玉も順調に育っています。

画像
画像
 ↑ シュレーゲル(注)も、キリリコロロと、きれいな声で鳴き出しました。 産卵も近づいています。
(注) 標準和名はシュレーゲルアオガエル。アマガエルに似ていますが、科が違い、モリアオガエルと同じアオガエル科で、日本特産種です。シュレーゲルとは、この蛙を研究した人の名前です。)

画像
 ↑ 今日は肌寒かったので、おじさん?たちは囲炉裏を囲んで昼食です。
ミカンも切れ、おにぎりにカップヌードルでしたが、山で、みんなで食べるとおいしいです。

 今日のメンバーはSSさん、AIさん、そしてやまねでした。
いつも来られるTSさんは、娘さんと姫路から尾道、呉、宮島の旅です。

この記事へのコメント

矢澤宗次 百百子
2010年03月24日 08:54
はじめまして。
今朝 ふっ!と 何気なく父の名前で検索☆目に沢山の父と母の名前や写真 思わず涙が溢れ止まらなくなりました
父の生前中はこんなにも両親に良くして頂き、又大変な時の米作りのお手伝い、ありがとうございましたm(_ _)m 感謝の気持ちでいっぱいです
また 父の告別式にも足元悪い中 お越しいただいていらっしゃたのも存じ上げず、挨拶も出来ないまま、大変失礼致しましたm(_ _)m
まだまだ 父も長生きしてくれる!と思い込んでましたから あまりにも突然過ぎる死で悲し過ぎて 今でも 実家に帰れば父が居てくれる様な… でも もう田んぼのあの場所にもいないんですよね 大変失礼致しました。挨拶が遅くなりました‥ 矢澤宗次の三女 東京の田舎に住んでおります。
突然のお便り 失礼な文章になりましたが お許し下さいm(_ _)m
このブログの記録は 大切に保管させて頂きますm(_ _)m
感謝の気持ちでいっぱいで 言葉にならない程です
やまね
2010年03月24日 22:30
 コメント拝見しました。はじめましてやまねです。
矢澤宗次さん、百百子さんの娘さんとのことで、驚くと同時に、矢澤さんご夫妻は、良い娘さんをお育てになったな…と思いました。そして、宗次さんを思い出し、思わず涙がこぼれました。昨日は分校のSSさん、AIさんなどと、カエル谷で作業をしたのですが、そのとき、近いうちに金蔵連に百百子さんをお尋ねしようと、話していたところでした。私たちは、お父さんである宗次さんには、大変お世話になっています。メリーのいる田んぼでは、カエルやトンボを観察させていただいています。
 私たちが近くにいるのであれば、百百子さんのお手伝いをして何とか田んぼが続けられたらと思いますが、宗次さんが亡くなられた今、その可能性も低くなっています。
 せめて、時々、草刈に行き、田んぼに水を張り、いつでも田んぼが再開できるようにしておきたいと願っています。そうすることで、なつかしい生きものたちも消えないですみます。
 コメントをいただいた件は、カエルの分校の仲間へも伝えておきます。ありがとうございました。
 なお、ブログの写真などは、ご自由にお使いください。宗次さんのご冥福をお祈り致します。

この記事へのトラックバック